通信中です...しばらくお待ち下さい
千葉県市川市南八幡4丁目5-17清鳳ビル1階  

★ Milky Way International Preschool規約

 

第一条    (目的)
本「Milky Way International Preschool 規約」の目的はMilky Way International Preschool (以下Milkyとする)利用の児童保護者とこれを経営する株式会社S.N.H.との間の基本的契約関係について明らかにするものです。Milkyは、児童に対し、児童福祉法等の趣旨にしたがって、安心して生活できる保育を提供し、保護者はMilkyに対しその保育に対する料金を支払うものとします。第二条(届出事項の変更) 保護者がMilkyに届け出た氏名、住所、電話番号、勤務先、緊急連絡先、お支払口座、家族等に変更が生じた場合は遅滞なくMilky宛に所定の届出用紙により手続きしていただきます。
 

第二条    (届出事項の変更)
 保護者がMilkyに届け出た氏名、住所、電話番号、勤務先、緊急連絡先、お支口座、家族等に変更が生じた場合は遅滞なくMilky宛に所定の届出用紙により手続きするものとします。
 

第三条    (契約成立) 
本規約をご理解の上、契約書を当園と交わし、保護者が入園金及び諸経費を入金された時点で契約書を当園と交わし、正式に契約成立とします。
 

第四条    (教育の委託と受託) 
保護者はMilkyの教育理念・教育方針等を承認し、児童の教育をMilkyに委託し、Milkyはこれを受託します。教育の内容は原則としてMilkyの選択にゆだねられます。これは1年ごとの継続的契約関係であることを年度ごとに確認するものとします。
 

第五条    (教育の方法) 
Milkyは別途定める募集要項や校則等の諸規定に準拠して教育を行います。募集要項、校則等の諸規定は必要に応じて改定できるものとします。 保護者はMilkyの教育の方法について強い支持と深い信念を維持し、学校運営に積極的に協力し、いかなる理由があってもお互いの信頼関係を損なう言動をしてはならないとともに、Milky「校則」の厳格な実行を妨げてはいけません。
 

第六条    (支援が必要なお子様について)
集団生活での支援が必要なお子様の場合、当園には対応できる職員がおりませんので、当園での保育はお断りしています。
 

第七条    (入園金、保育料等について) 
お支払いただいた入園金、保育料、その他諸経費につきましてはいかなる理由があっても一切ご返金できません。 コースの変更、休園、退園につきましては1ヶ月 前までにお申し出ください。
1ヵ月を切りますと、翌月の保育料、諸経費をお支払頂くものとします。
また授業料を滞納した場合、その時点で次の登園をお断りする場合がございます。お支払いの期日は必ずお守りください。
 

第八条    (料金の支払い)
①    基本保育料金についてMilkyは明細を付し前月10日頃までに保護者に請求し、保護者は前月26日までに Milkyへ、支払いするものとします。
②    諸経費について、Milkyは明細を付し当月末締めとし、翌月10日頃までに保護者に請求し、保護者は翌月26日までにMilkyへ、支払いするものとします。
③    月の途中で入退園する場合、在籍日数に拘わらず、原則1か月分の保育料を全額お支払いいただきます。
 

第九条    (契約期間)
①    Milky Wayご利用にあたって入園契約書の日付の通りとします。
②    契約満了日の1ヶ月までに、保護者からMilkyに対して、文書による契約終了の申し出がない場合、自動的に更新するものとします。
 

第十条    (保育時間)
開園時間は7:00-19:00とします。
基本の保育時間を8:00~18:00として、主とした契約を行ってください。
契約時間を超えて保育が必要な場合は、保護者は事前にMilkyへ連絡するものとします。
 

第十一条 (契約の解除)
保護者又は児童の都合により中途退園する場合、退園希望月の1ヵ月前までにMilkyに書面にて申し出た上で本契約を解除することができます。
退園希望月の1ヵ月前以降に退園を申し出た場合、保護者は翌月分に相当する第8条の料金を支払うものする。次の事由に該当した場合は、保護者は文書でMilkyに通知することにより、この契約を解除することができます。この場合、併せて損害賠償の請求をすることができます。
①    Milkyが本契約に違反し、その是正を求めた後1か月以内に当該違反行為の是正及び当該違反行為よって生じた損害の賠償をしない場合
②    Milkyが児童福祉法の法令に著しく違反する行為をし、相当期間経過後もこれを是正しない場合
③    Milkyが保護者又はその児童に対して重大な背信行為その他契約関係の解消がやむを得ないとみられる行為をした場合
④    Milkyが正当な理由なく保育を拒否した場合
⑤    Milkyが破産した場合

次の事由に該当した場合は、Milkyは文書で保護者に通知することにより、この契約を解除することができます。この場合、併せて損害賠償の請求をすることができます。
①    保護者が第8条に定める料金の支払いを遅延し、かつ、料金支払の催告期間が経過しても支払わない場合
②    ①の場合のほか,保護者が契約に違反し、または本園利用規約に著しく違反する行為をした場合
③    保護者がMilkyや従業者又は他の利用者(保護者、児童)に対して重大な背信行為を行った場合その他契約関係の解消がやむを得ないとみられる行為をした場合
④    保護者が、破産手続,民事再生手続開始その他これらに準ずる手続開始の申立てをした場合
 

第十二条 (退園時の協力)
Milkyは、前項の事由により児童が退園する場合には、保護者の希望や児童の環境の変化を勘案し、転園先の確保に努めます。
 

第十三条 (閉園・休園)
Milkyは、閉園や休園などやむを得ない事情がある場合、保護者に対して、予告期間を置いて、理由を文書で明示し口頭で説明した上で、この契約を解除することができます。
 

第十四条 (情報・記録についての機密厳守)
Milkyは、保育所において児童の保育内容を記載した諸記録を作成し、契約終了から1年間保存します。
なお、保存期間が経過した際にはプライバシーポリシーに則り破棄するものとします。
Milkyは業務上知り得た個人情報については他に漏えいしないことを誓約します。
 

第十五条 (秘密保持)
①    Milky及び従事するすべての職員は、保育を提供する上で知り得た児童、保護者及びその家族等に関する秘密を第三者に開示しません。この守秘義務は、契約終了後も同様とします。
②    前項の定めに拘わらずMilkyは、サービスの質の向上を目的とした第三者評価機関による審査のために、当該第三者評価機関に対し、その保管する乳幼児及び乙の個人情報を提供できるものとし、保護者はこれに同意するものとします。
③    保育所運営内容の向上を目的とした運営委員会に対しその児童及び保護者の個人情報を提供する必要がある場合は、その都度、文書で保護者の同意を得るものとします。
 

第十六条 (緊急時の対応等)
①    Milkyは、保育中に児童の身体に急変が生じた場合、その他必要があると判断した場合は、あらかじめ保護者が指定した緊急連絡先へ連絡するとともに、速やかに主治医又は嘱託医に連絡をとるなど必要な措置を講じます。
②    保育中に児童が怪我をした場合は、 職員が保護者に対し必要な説明を行うものとします。
 

第十七条 (賠償責任)
Milkyは、保育サービスの提供に伴って、Milkyの責めに帰すべき事由により児童の生命、身体又は財産に損害を与えた場合は、保護者に対してその損害を賠償するものとします。
 

第十八条 (相談・苦情対応)
Milkyは窓口を設置し、保育に関する相談、事業全般に係る要望、苦情等に対し、誠実かつ迅速に対応するものとします。
第十九条 (本契約に定めのない事項)
保護者及びMilkyは、信義誠実をもってこの契約を履行するものとします。
この契約に定めのない事項については、児童福祉法その他法令の定めを尊重し、双方が誠意をもって協議の上決定するものとします。
 

第二十条 (裁判管轄)
この契約に関してやむを得ず訴訟する場合は、東京地方裁判所を第一審管轄裁判所とします。
 

第二十一条 (重要事項説明確認)
Milkyは、本契約の締結に当たり、保護者に対し、規約等 重要事項の説明を行い、保護者はその内容を了承したものとします。
 

第二十二条 (送迎)
送迎ルートはMilkyが決めたバス停を時間ごとに周るものとします。
天災、交通事情等の外因により危険と判断された場合は、安全を第一に考え送迎を行わない事があります。
 

第二十三条 (制服) 
児童はMilkyの定めた服装で登園するものとします。
 

第二十四条 (給食)
児童は原則的に園の規定の昼食(給食)とるものとします。
但し、お盆期間中・お正月期間中は給食業者がお休みになりますのでその際はお弁当持参になります。
アレルギーをお持ちのお子様はお弁当・おやつの持参を認める事とします。
 

第二十五条 (振替レッスン)
天災・交通事情等の外因によりレッスンが中止になった場合、振替レッスンは行わないものとします。